東北旭段ボール株式会社

災害・感染症への対応

新型コロナウイルス感染症への対応について

新型コロナウイルス感染症対策本部の設置について
 東北旭段ボールは2020年4月、新型コロナウイルス感染症拡大という戦後最大の難局下にあって、働く者の安全と健康を確保し、社会の一員として感染症拡大防止に最大限努めるとともに、生活必需品を消費者にお届けするサポーティングインダストリーとしての供給責任を果たすため、レンゴーグループの方針に則り「新型コロナウイルス感染症対策本部」を設置いたしました。当社は引き続き、感染症拡大防止に最大限努めるとともに、事業活動を通じて企業の社会的責任を果たしてまいります。


事業継続について
Ⅰ.基本方針
 当社は、新型感染症の発生および感染の拡大に対して、働く者の安全と健康を確保し、感染対策に最大限努めるとともに、生活必需品を消費者にお届けするサポーティングインダストリーとしての供給責任を果たしていく。

〈社員・家族について〉
 安全と健康の確保を最優先するとともに、雇用の継続により生活を守る。

〈顧客について〉
 企業活動を維持・継続することにより供給責任を果たす。

〈感染対策について〉
 政府・関係機関の要請も踏まえて計画的に実施する。

Ⅱ.対応計画
1.予防対策
 感染症の発生に備え、感染拡大のレベルに応じた感染予防計画を策定し、準備、啓蒙、情報収集を行う。

2.対策本部の設置
 感染状況を踏まえて、当社代表取締役のもとに対策本部を設置する。レンゴーグループ及び各部門間の連携を図り、グループの一員として一体的な取組みを推進していくため、必要に応じて連絡会議を開催する。

3.対策本部の役割
 対策本部は、上記「基本方針」にもとづき企業活動の維持・継続のための指針を決定する。
 各部門は、対策本部で決定された指針にもとづき、事業における具体的な戦略・対応内容を定め、各事業内にて実施する。

4.各事業の取組み
 供給責任を果たすため、財務対策、設備、備品の整備、取引先(仕入先・委託先等)の分散や非常時対応の協力要請を行う。
 生産拠点のなかで、稼働に影響が生じることも想定し、レンゴーグループにおける代替生産の体制を整備する。
 感染症発生後は、感染予防計画にもとづき、感染予防・拡大防止対策、感染者の把握・周知、および感染者の療養対応を実施する。

本計画は、新型感染症の特徴や社会情勢に沿った内容となるように、適宜見直しを実施する。


感染防止の主な取組み
・出張は可能な限り回避
・会議のオンライン活用と時短
・接触を減らすための時差休憩
・各所に消毒液、パーティションを設置
・従業員を含む来場者全員の検温
・設備使用後に毎回除菌


感染者発生状況
2022年9月17日: 1名
2022年8月17日: 1名
2022年8月11日: 1名
2022年8月8日: 1名

災害への対応について

当社は災害に対し、BCP(事業継続計画)に基づいて対応しております。

〈現在対応中の災害〉
・現在対応中の災害はありません。
PAGE TOP